ワコーズ Wako’s CORE 601



ガソリン添加剤の中でも、価格が高い部類になる「ワコーズ コア 601」をALPINA B3S E46に使ってみた。ガソリン添加剤は必ずしも入れる必要はない。それでも、なんとなく入れたくなってしまうときがある。同じワコーズ製品のフューエルワンと主に体感ベースでの比較をしてみた。

ワコーズさんが「究極のガソリン燃料添加剤」とするCORE 601

「究極」という言葉を使うことからも、相当な自信を感じる。特にどの部分に特化しかのか、特徴なのかがワコーズ さんホームページのCORE 601にある。開発ストーリーにある、「ケミカルチューニング」という表現が自分にはわかりやすかった。また、「一番の特長はドライバビリティーの向上」とあり、「全般的にはトルク感、パワー感、スムーズさといった所で体感できる事が多い」という狙いがしっかりと伝わる。東名パワードさんも開発に協力しているというから、まさに「ケミカルチューニング」という表現はいいのではないか。

YouTubeのWAKO CHEMICAL「CORE601ベンチテスト」より下記引用(6分32秒)。

CORE 601を3回連続で入れた

CORE 601を3回連続で入れて、どう変わるのかが一番興味があったので試してみた。ALPINA B3S E46での体感した感じは正直言ってわからない。NVHもエンジンが静かになるなどの変化が特にないように感じる。まあ、鈍感なのだろう。燃費も同じような平均巡航速度で、「フューエルワンを3回連続」で投入した後と「CORE 601を3回連続」で投入した結果はあまり変わらない。

新改良 F-1 フューエルワン

街乗りの時でしたらアクセルの踏み出しの時や坂道など特に負荷がかかるような時ですね、こういった時にちょっと物足りないという感覚からぐっと前に出るようなフィーリングを感じていただきやすいと思います。また、実際に試していただいた方の中には、エンジンオイルを変えたの?という感覚でエンジンがスムーズに、静かになった感覚を体感された方もいらっしゃいます。(ワコーズ ホームページ CORE 601 開発ストーリーから引用)

もともと、ALPINA B3S E46のポテンシャルを引き出しきれていないので上記引用のような体感は覚えていない。CORE 601 製品情報のページには摩耗軽減の性能評価が記されていることからも、実際には恩恵を受けているのだろう。

燃料とオイルを混合して「燃料・潤滑」を行う2ストロークエンジンオイルの燃料混合や潤滑メカニズムを応用し、我々の業種だから可能な後添加という形で「燃料」を最適化し、より「良い燃料」を提供するため、WAKO’Sにしか出来ない究極の燃料添加剤に挑み、ここに完成いたしました。(ワコーズ ホームページ CORE 601製品情報から引用)

とても贅沢な燃料添加剤なのは間違いないと思う。

フューエルワンやプレミアムパワーとどう違うのか

カタログから読み取ると、フューエルワンは「エンジンの洗浄(洗浄系)」がねらいの添加剤。プレミアムパワーは「燃焼効率アップ(省燃費系)」がねらいの添加剤と捉えられる。プレミアムパワーは使ったことがないが、ALPINA B3S E46にはフューエルワン、D3 E90とBMW AH3 F30にはBMW純正のディーゼル・ガゾリン添加剤を使用。なんとなくだが、洗浄目的ならフューエルワンが一番な気がする。燃焼効率はプレミアムパワーを使ったことがないので、なんとも言えないが満を期したCORE601がプレミアムパワーに劣るとは考えにくい。また、BMWの直噴エンジンにはBMW純正のディーゼル・ガゾリン添加剤が無難ではないかと考える。余談だが、BMWディーラーに最近のメルセデスが入ってきて、買換え検討かなと思ったらBMW純正のディーゼルもしくはガゾリン添加剤を買っていく姿を何度か見かけたことがある。ディーラーさんに聞くと、増えているそうだ。メルセデス純正も中身は一緒のshell製だと思うのだが。

あまり意味がないが、5種類の添加剤を、価格(税抜き・定価)・内容量・1mlあたりの単価で比較してみた。

添加剤 価格(税抜き・定価)/ 内容量 1mlあたりの単価
CORE 601 3,000円 / 305ml 9.84円/ml
フューエルワン 1,600円 / 200ml 8.00円/ml
プレミアムパワー 1,600円 / 250ml 6.40円/ml
BMWガソリン 1,900円 / 100ml 19.00円/ml
BMWディーゼル 1,860円 / 100ml 8.60円/ml

これから添加剤をどうするか

「フューエルワン → フューエルワン → CORE 601」というサイクルにしようかなあと考えている。また、フューエルワンは改良前か改良後が気にならなければ、Amazonだとお得な日産OEM製品でも十分だと思う。添加剤の中身とは関係ないが、BMW純正添加剤と比べるとワコーズ製品は入れやすい。BMW純正添加剤は中のフタ(栓)を外すのにちょっと入れるのにひと手間かかると言った方がいいかもしれない。

添加剤を入れて変化がないということは、車の調子がいいともいえると聞いたことがある。添加剤の沼に落ちないようにしなくてはならない。