Apple CarPlay 検討 ALPINA B3S E46 3/6



2021年2月現在、純正供給がBMW E46にはないが、ALPINA B3S E46にApple CarPlay 検討をしている。加工なく、安心感、違和感のなさを基に候補はPioneer DMH-SF700、Alpine DAF9の2つ。サラッと違和感なくそこにある親和性が大事だが、これを機に拡張したいことも整理。

やりたいことリスト

ALPINA B3S E46でできたらいいこと。

  • ステアリングホイールのマルチファンクションで電話ハンズフリーのON/OFFフック

現状:電話かかってくる→a.無視。b.Belkinのボタン押す(a.が多く、あとでかけ直し)

理想:マルチファンクションに電話用ボタン押す(無駄な動きがない。)

  • バックカメラ

ActiveHybrid3 F30ほとんど頼ることはないが、やはりあって良かったことはある。

  • コーナーセンサー

センサーなくともバックカメラの映像から距離とか判断。(あくまで理想)

  • ドライブレコーダー

現代社会では必要なんだと思う。バックカメラと兼用。

  • 置くだけ充電

QiやMagSafeで置くだけ充電。(今も、PITAKAでできている)

Pioneer DMH-SF700

DMH-SF700のシステムアップサイトに色々記載があるので、Pioneerで統一することも検討も含めパイオニアさんへ問い合わせた内容も含めた結果は次の通り。

  1. ステアリングホイールのマルチファンクションで電話ハンズフリーのON/OFFフックは、パイオニアのステアリングリモコンケーブル、ステアリングリモコンアダプターのどれかでいけるのではないかと期待。(問い合わせ忘れたがパイオニア製ケーブルにこだわらなければできるはず。)
  2. バックカメラは「ND-BC8II」。「DMH-SF700」のバックカメラ入力はRCA形状なのでパイオニアだとND-BC8IIのみだがOK。さらにステアリング連動バックガイド線表示アダプターに期待したがその機能のある車両への取付けのみで不可。丁寧に、BMW 3シリーズ 2クーペ330ci(初年度登録:H16年)の取付確認結果がわかるURLの案内も頂いた。『BMW純正ラジオ(純正オーディオ)はブラケットが一体の異形フロントパネル一体型で、使用可能な取付キットもなし。』
  3. ドライブレコーダーの「DMH-SF700」接続がパイオニア製品ではできないことがわかった。1カメラのVREC-DS600がシステムアップのサイトにあるが、どうせ付けるなら前後の2カメラVREC-DS800DCがいいし、バックカメラ兼用にできるとなおいいと考えていた。問い合わせた結果は妄想に終わる。検討していた、2つのドライブレコーダーともGPSは内蔵ではない。パイオニアさんのコンセプトは連動できるナビのGPS情報を元に記録するということ。しかしながら、「DMH-SF700」にはドライブレコーダーリンク機能は付いていない。また、「VREC-DS800DC」は操作ボタンも無くナビと連動無しでの単独でのご使用が出来ないことがわかった。「VREC-DS600」は、本体のボタンを使用しての操作及び手動で日時の設定が可能だが、緯度経度、車両の時速は記録されない。
  4. そんなに必要性を感じないが、車載用Wi-FiルーターDCT-WR100Dなんてのもあった。LTE使用量は365日で年間13,200円。電波届かないところでは使えないのはスマホも同じ。

パイオニア製品でまとめてというわけにはいかなそう。「ステアリングホイールのマルチファンクションで電話ハンズフリーのON/OFFフック」と「バックカメラ」はOK。ドライブレコーダーは連動ではなく、単独で別メーカーのものを検討したほうが良さそう。

Alpine DAF9V(DAF9)

Alpineも色々ある。DAF9にどれが合うのかなど、アルパインさんにも問い合わせ。DAF9は外部入力端子を備えていないが、DAF9VはRCA外部入力端子とRCAバックカメラ接続端子を備えているので、私の場合DAF9Vがよいことを教えてもらった。また、「ドライブレコーダー/バックカメラの接続について」、ドライブレコーダーの後方カメラは、駐車用のバックカメラとは画角等が異なり想定用途では無いことから、バックカメラとしての接続のご提案を控えたいと案内いただいた。なるほど、カメラという言葉は同じでもそれぞれの用途までちゃんと考えないといけないことを学んだ。これらを踏まえた内容は次の通り。

  1. ステアリングホイールのマルチファンクションで電話ハンズフリーのON/OFFフックは、AlpineフローティングビッグDA用ステアリングリモートコントロールキットKTX-G601Rに期待。(問い合わせ忘れたがアルパイン製ケーブルにこだわらなければできるはず。)
  2. バックカメラは、「HCE-C1000(ブラック)」。
  3. ドライブレコーダーは、前後撮影ドライブレコーダー「DVR-C02R」。
  4. 見通しの悪い交差点であると便利なマルチビューフロントカメラは、接続できない。マルチビューフロントカメラにはRCA接続タイプ・ナンバー下取付の汎用製品「PKG-C2500F」があるが、DAF9/DAF9Vにフロントカメラ用の接続端子が無いため接続できないこと教えたもらった。
  5. もうひとつ、デジタルミラーの前後ドライブレコーダー機能付きのDMR-M01R。E46のミラーに内臓されているETCは2022年11月30日までしか使えない。(ETC管理番号19桁の一番左が「0」旧セキュリティ対応車載器なので2022年12月1日以降は電波法違反になってしまう。「1」なら新セキュリティ対応車載器で継続して使える。)そうなったら、こういうものも選択肢になるかもしれない。

DAF9Vは、バックカメラ「HCE-C1000(ブラック)」をカメラ用端子に接続してバックギアと連動して映像を映したり、前後撮影ドライブレコーダー「DVR-C02R」を外部入力端子に接続して録画映像を映すことが出来る。(※外部入力の映像は走行中は非表示になる。)ドライブレコーダーを別メーカーで単独導入するのであればDAF9でもいいが、DAF9Vのほうが後々良さそうだ。

二者択一だとPioneer DMH-SF700

見た目のイメージは実際に取り付けず想像になるので検索で多くの写真に頼るしかない。その上で、純正にはかなわないがこれはちょっとという部分がどこまで許容できるかも検討の一部にしようと思う。

こころ揺らぐものが

加工なく、安心感、違和感のなさに基づいてきた。しかし、「安心感」に欠けるがこころ揺らぐものを見つけてしまった。これは次の機会に。